マルチーズ七海

★七海が教える「我が家のお奨め便利グッズ」でつ...☆★☆

今回は我が家で使っていて、とても便利なお奨めグッズをご紹介します



一つ目はコルクのジョイントマットです



2008年の2月から七海がよく居る部屋のいち部分に使い始めましたが、今はほぼ全面に敷き詰めています



「また新ちいの買ってきたんでつね~





素材はEVAの表面に薄いコルクシートが貼り付けてありまして、1枚の大きさが約30cm×30cm、厚さが8mmあります





2年以上使ってみての印象としては見た目よりずーと丈夫である。・・・コルクがはげにくい。

クッション性に優れているので、足が疲れにくい。

冬は暖かく、夏はサラッとしていて涼しく感じる。

じゅうたんに比べるとコルクは防虫効果が強くてダニを寄せ付けにくい。

予備を用意しておけば汚れたら、その部分だけ取り外して水洗いできる。

そして何よりも、ワンちゃんの足が滑りにくい。

など、良い事尽くめです





七海も超お気に入りで、良くこんな格好で居眠りしています







二つ目はファブリーズダブル除菌です



白いトイプーちゃんが出てくるCMが定番ですが、我が家も衣料用に買ってみました





パパのスーツなどに使うと不思議な位匂いが消えます





それとかなり除菌成分が入っているので、七海が嫌がらせチッチした場合などもとても具合が良いです



以前はペット用ファブリーズを使っていましたが、今はこれ一本で色々な用途に使えるのでとても便利なものです







三つ目は「聴診器ブック」です





マルチーズは心臓病(僧帽弁閉鎖不全症)にとても掛かりやすいのですが、マルチーズ以外ではキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル、チワワ、プードル、ダックスフント、ミニチュア・シュナウザーも掛かりやすい事が良く知られています。



先代のミミは13歳の時にこの病気である事がわかりましたが、発見された時は6段階で5.5位とかなり悪くなっていました

その為七海は年何回かは病院の先生に心音を聞いてもらって病院の先生にお任せしても良いのですが、飼い主として二度と同じ過ちは起こすまいと言う信念がとても強くて、この病気の特徴である心音の雑音を聞き逃さないために聴診器をパピー時代に購入しました



「あたちの健康管理よろちくお願いちまつ







購入した当時七海もまだパピーでしたので、こんな格好でよく心音検査していました



「助つけてくだた~い





冷静に考えてみれば上のような格好でなくても、普通の状態で下からそっと聴診器を入れてあげれば、極自然に検診できます





このように伏せている状態でも問題なく出来ます



ただプロではないので正常な心音を聞き分けるのは結構大変で

山水書房より「テープによる犬の心臓の聴診CD」が出版されていて、インターネット上で試聴用心音をダウンロードする事が出来ますので雑音と言うものがどんなものかご理解頂けると思います








この聴診器は本のオマケのオモチャ的なものでなく、プロが使っているものに比べれば素材等多少安いものを使っていると思うのですが、一般医療機器として医療機器メーカーが作っているものです





小冊子には詳しい使い方が分かりやすく図解で解説されています





「あたちがパパとママの心音検査してあげるでつとお医者さんに変身です





軽度なうちに発見できれば食事療法やサプリメント、運動制限などで進行を抑える事が出来ます

重症になると静かな夜は聴診器を使わなくても横で寝ているミミの心臓の雑音が耳に入ってきて、「こんなに悪化するまで気付いてあげれなくてごめんね」と自分達を責めて、とてもつらいものでした



でも、ミミはとても頑張ってくれて15歳7ヶ月まで生きてくれた事が救いでした



いつまでも元気でいてくれるよう願っているパパ&ママの癒しの源の七海に応援のポチをお願いします




スポンサーサイト